androidスマホのデータ復旧

“iPhone、androidスマートフォンはご存知でしょうか?iPhoneはAppleが開発しているスマートフォンなのですが、androidスマートフォンは多数のスマホメーカーにより、独自技術が投入されているスマートフォンのことです。
OS名を見るとちがいを確認できるのですが、海外でもだんだんとiPhoneシリーズなみに、androidスマートフォンの人気が上がってきました。そんなandroidスマートフォンですが、人気にともない「スマートフォンのデータ復旧」についてもさわがれることが増えています。
そこで今回は、そんな人気のandroidスマートフォンのデータ復旧について、スマホメーカー別で案内していこうと思います。
まず、今では国産スマートフォンも人気で「SHARP AQUOSシリーズ」が国内、海外のどちらでも高い売り上げをほこるようになりました。ですが、androidスマートフォンのデータ復旧については、有名なモデルだから早い、安い・・・というわけではありません。
SHARP AQUOSシリーズの場合、そもそも「パーツの流通がない」という問題をかかえています。データ復旧は早い場合と遅い場合がある・・・のですが、このような問題は技術的な問題、サポートを行っているケースと行っていないケースがあるのでわかれます。
SHARP AQUOSシリーズはパーツの問題をかかえているため、技術的な問題もふくめてスマートフォンのデータ復旧がおそくなりやすいのです。ちなみに、SHARPそのものはスマートフォンのデータ復旧を専門に行っているわけではありません。
世界的に有名なスマホメーカーではHuaweiも同様で、これがあるので今ではスマートフォンのデータ復旧がトレンドになっているのです。つまり、よく知らずにスマートフォンを購入してしまうと、破損やデータ復旧のトラブルが起きた時に、「自分で専門業者を探す」必要が出てくるのです。
SHARP AQUOSシリーズの場合も、もしスマートフォンのデータ復旧が目的な時は、わざわざ専門業者を通じてスマートフォンのデータ復旧を依頼しないといけません。
逆に、海外で売れ筋のスマートフォンの場合はデータ復旧が楽なケースもあります。有名なスマホメーカーをあげると「Samsung Galaxyシリーズ」が該当します。
Samsung Galaxyシリーズは、国内でも高いシェアをほこる人気のスマホメーカーなのですが、Samsung Galaxyシリーズの場合、国産スマートフォンに比べて「サービスの質も再評価されている」のが特徴です。データ復旧を例にあげると、Samsung Galaxyシリーズは格安なモデルを販売しているだけでなく、Samsung Galaxyシリーズのハイエンドモデル(折りたためるスマホなど)もふくめて、Samsung Galaxyシリーズは「データ復旧で定評のあるモデル」なのです。
一般的なスマートフォンの場合、格安SIMフリースマホと呼ばれるモデルの場合はサービスが悪い、なにか問題が起きた時は高額のサポート料金を請求される・・・ことが多いです。しかしSamsung Galaxyシリーズには、そのような問題もないため人気が高いとされています。
今回のスマートフォンのデータ復旧についてまとめると、「世界的に大手のスマートフォンメーカーはデータ復旧でも信用できる」といえるでしょう。そもそも世界的に大手のスマートフォンメーカーはパソコンも取り扱っていることが多く、サポート部門もふくめて運営を行っている実績があります。”

価格の安さ以外は平均以下なリユーススマホ「中華スマホ HUAWEI P20 lite」

“今ではリユーススマホが売れに売れている状況です。というのも、2020年以降から世界的に半導体不足が懸念されているからです。こちらの懸念は自動車、スマートフォンなど大量の半導体が必要となる工場では問題となっており、スマートフォンにいたってはニューモデルが品切れになりやすい状況になっています。
つまり、ニューモデルを大量に生産できる状況ではないため、数量によゆうがあるリユーススマホの人気が高まっているのです。
ただし、リユーススマホの中にはスペックがそれほどよくないモデルも混じっているので注意してください。
たとえば「中華スマホ HUAWEI P20 lite」が該当します。中華スマホ HUAWEI P20 liteは、「約9,500円」で購入できるリユーススマホなのですが、こちらはミドルレンジモデルのスマートフォンではなく、エントリーモデルのスマートフォンです。
エントリーモデルのスマートフォンとは「最低限のスペック、機能のみ搭載されているモデル」で、格安SIMフリースマホと呼ばれるモデルであれば、2万円以下で最新モデルを購入することも可能です。当然ですが、格安SIMフリースマホと呼ばれるモデルのほうがスペックは上なので、どうしても欲しいモデルではない場合は中華スマホ HUAWEI P20 liteを購入しなくてよいでしょう。
中華スマホ HUAWEI P20 liteは2018年モデルなのですが、リユーススマホの中でもスペック、現在求められている動作環境についてこれないものは、大体ですが2017年と2018年モデルに多いイメージです。
中華スマホ HUAWEI P20 liteの詳細スペックですが、「ディスプレイサイズが5.84インチ、チップはHUAWEI Kirin659、メモリ(RAM)は4GB、ストレージ(ROM)は32GB/64GB、バッテリー容量は3,000mAh、認証システムに指紋・顔」となります。
一見すると良さそうなスペックに見えますが、現在販売されている格安SIMフリースマホと呼ばれるモデルよりコストパフォーマンスはよくありません。格安SIMフリースマホと呼ばれるモデルでも、今のモデルであればバッテリー容量が4,000mAhより高い傾向にあります。”

比較的まともな性能!2023年オススメリユーススマホ「Apple iPhone 8」

“リユーススマホの安さにつられて購入後、「失敗した!」というユーザーは後を絶ちません。なぜこのような状況になっているのか・・・というと、格安SIMフリースマホと呼ばれるモデルとリユーススマホを同一視しているユーザーが多いからです。
格安SIMフリースマホと呼ばれるモデルは「比較的新しいスマートフォン」で、CPU、RAM、ROMのどれを取っても、有名なミドルレンジモデルのスマートフォンにおとるだけで、そのほかの問題をかかえていないケースが目立ちます。
しかしApple iPhone 8は、「比較的古いスマートフォン」となりますので、格安SIMフリースマホと呼ばれるモデルよりも「問題をかかえているケースが目立つ」というのが自然です。しかし、○○年オススメのスマートフォンランキングのような情報を参考にしてしまうと、前述した比較的新しいスマートフォン(格安SIMフリースマホと呼ばれるモデル)と同じようなランキングに、リユーススマホがいてしまうために問題が起きてしまうのです。
そもそもリユーススマホは、「Apple iPhone 8」のようなセカンドスマホのように、スペックやカメラ性能・機能はあまり気にしないほうが無難です。
セカンドスマホとして持つ場合であれば、スペックやカメラ性能・機能がおとっていても、好きなデザインだから、昔欲しかったモデルだから・・・ですまされます。リユーススマホを過剰に評価しているサイトもあるので、まずはこちらをよく理解してからApple iPhone 8のような、リユーススマホを購入するようにしましょう。
たとえば、Apple iPhone 8は2万円以下で購入できるスマートフォンについても、格安SIMフリースマホと呼ばれるモデルに比べてスペックははるかにおとります。
Apple iPhone 8の詳細スペックですが、「サイズが138.4×67.3×7.3mm、重さは148g、CPUはA11 Bionic、RAM/ROMは非公表(推定2GB)/64・128GB、バッテリー容量は非公表(推定1,821mAh)、アウトカメラは1,200万画素、インカメラは700万画素、カラーはスペースグレイ・ゴールド・シルバー」のスマートフォンです。
ちなみに、リユーススマホの多くは最新のアプリやゲームが動作しないトラブルもあるので注意してください。というのも、アプリやゲームが推奨しているCPUはsnapdragon600番台以降、RAM3GB以上、ROMは32GB以上だからです。
Apple iPhone 8の場合、今ではA13 Bionicのような高性能チップ搭載モデルでもリユーススマホが出ているので、ゲーミングスマホとして利用できるスマートフォンが欲しい場合は、Apple iPhone 8以外を選ばれたほうが賢明でしょう。”

インスタ・ストーリーズで使えるクイズスタンプの魅力とは?

“インスタグラムのストーリーズでは「クイズスタンプ」という機能があります。こではストーリーズでクイズスタンプを使う方法と、質問への答え方についてまとめてみましょう。
【インスタグラムの「クイズスタンプ」とは?】
クイズスタンプでは、投稿者が好きな質問と選択肢を入力し、2~4択の問題を作成し、ストーリーズを見た人が回答できるというものです。アンケートではなく、正解を設定できるのがこのクイズスタンプのポイントになります。最大で4つの選択肢を自由に設定できるので、ちょっとしたクイズでユーザーと交流したり、アンケートとして票を集計したりするのにも役立ちます。それぞれの選択肢に何人が投票したのかもわかるような仕組みとなっています。
【クイズスタンプの使い方とは?】
クイズスタンプの使い方は以下の通りです。
1、インスタグラムアプリで写真を撮影したら、右上の[ステッカーアイコン]をタップする
2、[クイズステッカー]を選択する
3、質問文と選択肢を入力し、右上の[完了]をタップする(選択肢は最低2つ、最大4つまで設定可能)
4、A~D(4つ設定した場合)のアイコンをタップすると、正解の選択肢を決めることができる
5、クイズステッカーの位置や大きさを調整する
iPhone版インスタグラムでは、スタンプの下に表示されたサイコロ部分をタップして、いくつか用意されたデフォルトの質問から好きなものを選ぶことができます。
【クイズスタンプへの回答方法とは?】
ストーリーズでクイズスタンプを見つけた時に、いったいどうやって答えたらよいのでしょうか?回答方法は以下の通りです。
1、正解と思う選択肢をタップする
2、正解だった場合は、クラッカーのリボンが飛び交う
3、不正解だった場合は、どれが正解だったかを教えてくれる
【フォロワーの回答状況を確認する方法とは?】
投稿したクイズスタンプに対して、誰がどのように回答したかを投稿者は確認することができます。確認する方法は簡単で、回答結果を見たいストーリーズを開いて、左下の[●人が既読]をタップします。そうすると一覧表示されるので分かりやすいです。
【クイズスタンプに関するよくある疑問】
クイズスタンプに関するよくある疑問をまとめてみましょう。
<クイズスタンプの結果は第三者に公開されるの?>
クイズスタンプへの回答結果(回答数や回答内容)は、投稿者本人にしか表示されません。そのため第三者に公開されることはありません。
<アンケート形式なのに回答すると「不正解」と出るのはなぜ?>
答えの要らないアンケート形式であったとしても、クイズスタンプでは正解の選択肢を1つ設定しなければいけません。そのため集計を目的としたアンケート形式のスタンプであったとしても、正解以外を選択すると「不正解」が表示されてしまうのです。
<自分がどの回答をしたか、投稿者にはバレる?>
投稿者は誰がどの選択肢をタップしたかを確認することができるため、どの回答を選択したかはバレてしまいます。”Samsung Galaxyの最新Android タブレット

インスタグラムのショッピング機能ってどんな機能?!

“インスタグラムにはたくさんの機能がありますが、その1つに「ショッピング機能」があります。ここではインスタグラムのショッピング機能についてまとめてみましょう。
【インスタグラムのショッピング機能とは?】
インスタグラムのショッピング機能とは、インスタグラムでの投稿上で写真と商品ページを紐づけることで、投稿を見た人を直接サイトに誘導することができる機能です。日本ではショッピング機能が2018年より可能となっており、多くの企業が利用しています。
【インスタグラムのショッピング機能を利用するメリットとは?】
企業がインスタグラムのショッピング機能を利用するメリットをまとめてみましょう。
<メリット1:購入までの導線がスムーズで購入につながりやすい>
投稿に掲載されている商品が気になったユーザーがいた場合、インスタグラム内からスムーズに商品ページに移動し、商品の詳細情報を確認することができます。またShopifyを利用している企業であれば、Shopifyの決済システムもインスタグラム内で利用が可能です。
<広告色はなくユーザーに受け入れてもらいやすい>
インスタグラム広告は集客に有効な手段ではあるものの、売り気が強いと感じるユーザーも多いです。またあまり広告をよく思わない方もいるでしょう。それに比べて、ショッピング機能であれば広告色はなくユーザーに受け入れてもらいやすいです。ショッピング機能はWEBサイトと同じように、自分が見たいと思った商品のページに誘導する仕組みになっているので、商品カタログを見ているような感覚で受け入れられるのです。
【ショッピング機能を利用する手順とは?】
実際にショッピング機能を利用する手順は以下の通りです。
1、インスタグラムのアカウントをビジネスアカウントに移行する
2、インスタグラムのアカウントをFacebookページとリンクさせる
3、Facebook上でショップ開設か、ビジネスマネージャーでカタログ作成をする
4、カタログのショップ内で商品を登録する
5、ショップを公開する
6、インスタグラムでショッピング機能の審査を申し込む
7、インスタグラムの投稿にショッピングタグを追加する
フィード投稿の場合にシェア画面で「製品をタグ付け」をタップして商品を選択し、ストーリーズの場合はスタンプアイコンをタップして製品スタンプのオプションを選択して、投稿を作成しましょう。”

ahamoでSIMを契約する際の注意点とは?

“ドコモの格安プランと言えば毎月20GBが使える「ahamo」が人気です。このahamoではSIMのみの契約も可能となっています。ここではahamoでのSIM契約についてまとめてみましょう。
【ahamoではSIMのみの申込みができる】
ドコモの格安プランとして人気のあるahamoですが、ahamoではSIMカードのみの申込みも可能です。ドコモユーザーがahamoにプラン変更する場合には、申込手続き完了とともに今までのSIMがそのままahamoに切り替わるので、他社ユーザーのようにSIMを交換する必要は一切ありません。ただし以下の場合には、ドコモユーザーであってもahamo契約時にSIM交換が必要となります。
・今のSIMサイズが「nanoSIM」以外のサイズを使用している場合
・SIMがバージョン3(3G回線しか使用できないタイプ)以前のものである場合
【ahamoでSIMだけを契約する場合の手順とは?】
ここではahamoでSIMのみを申込する手順をまとめてみましょう。
1、必要書類を用意する
2、MNP予約番号を取得する(他社から乗り換えする場合)
3、ahamo公式サイトから申込画面を入力
4、契約形態を選択する
5、画面の案内に沿って申込を完了する
6、SIMカードが到着したら開通手続きをする(他社から乗り換えする場合)
7、利用開始の設定をする
ahamoでSIMのみを契約する場合に必要となる書類は以下の通りです。
・本人確認書類(免許証・パスポート・マイナンバーカード等)
・支払い情報(クレジットカード・銀行口座情報)
・連絡用メールアドレス
・MNP予約番号(他社から電話番号を引き継ぎ乗り換える場合のみ)
【ahamoのSIMのみの契約をする際に注意しておきたいポイント】
ahamoのSIMのみを申込みする際に注意しておきたいポイントをまとめてみましょう。
<ahamoに対応している機種を用意する>
ahamoには対応機種があり、対応機種以外だと通信ができなかったり、正常に動作しなかったりする場合があります。そのため申込みする前には利用したいスマホがahamoの対応機種であるかきちんと確認しておく必要があります。
<SIMロック解除が必要な場合あり>
手持ちのスマホによってはahamoのSIMを使う際に、SIMロック解除が必要な場合があります。ahamoで利用したいスマホがauかソフトバンクで購入したものである場合、端末にかかっているSIMロックを解除しなければなりません。このSIMロック解除作業を行わなければ、ドコモ回線を使用するahamoでの通信ができないのです。SIMロックの解除は特に難しいことはなく、キャリア店舗で行うか、マイページからオンライン申込みすることもできます。
<ahamoのSIMカードサイズに注意>
ahamoで提供されているSIMカードのサイズは「nano SIM」になります。nano SIM以外に対応するスマホの場合にはahamoは利用できないので注意しましょう。ただしeSIMにはサイズはないため、ahamo対応スマホがeSIM対応であれば、サイズは気にせずにeSIMを申し込むことができます。
<店頭での申込みは手数料が発生する>
ahamoのSIMはドコモショップなどの店頭での申込みも可能です。ただし店頭で申込みをしてしまうと契約事務手数料3,300円が別途かかってしまうので注意しましょう。”

iPhoneの「メッセージ」アプリとは?

“iPhoneに標準搭載されている「メッセージ」アプリを使ったことがある人は多いでしょう。家族や友人とのやり取りだけではなく、仕事の取引先など相手の電話番号だけを知っていれば簡単にコミュニケーションを取ることができます。ここではメッセージアプリについてまとめてみましょう。
【iPhoneの「メッセージ」アプリとは?】
iPhoneにはSMS、MMS、iMessageという3つのメッセージ機能が搭載されています。「メッセージ」アプリはこれらの機能を自動的に使い分けて、相手とやりとりすることができます。そのため、相手によっては画像を添付できなかったり、送信可能な文字数が変わったりするという違いも発生するのです。
次にSMS、MMS、iMessageの違いについてまとめてみましょう。
<SMS>
SMSは「Short Message Service」の略で、電話番号を使ってメッセージを送受信できるサービスのこと。LINEは繋がっていないけれど、電話番号は知っているという相手ともメッセージのやり取りが可能です。
SMSは短文でのやり取りを想定して作られているので画像やデータファイルの添付はできません。また文字数も機種ごとに制限があります。最近ではWEBサービスで本人確認認証にSMSが用いられる機会も多いです。SMS受信時に料金はかからないものの、送信時は有料です。金額は一度に送信する文字数によって決定し、国内利用の場合、全角70文字までは3.3円となります。
<MMS>
MMSとは「Multimedia Messaging Service」の略で、キャリア独自のメールアドレスを使ってメッセージを送受信するサービスです。SMSのような文字数制限はなく、写真や動画などのデータファイルのやり取りにも対応できます。ただし1回のメッセージで送信できるデータ容量には通信会社ごとに上限があります。現在、auやUQモバイルはMMSに対応しているが、ドコモは非対応です。
<iMessage>
iMessageは、iPhoneやiPad、MacなどApple社の製品同士でメッセージをやり取りできるサービスのこと。iOSデバイス同士でしか利用できないため、Androidスマホへのメッセージは自動的にSMSかMMSで送信されることになります。
機能面はMMSに近く、写真や動画といったデータファイルを送受信でき、文字数の制限もありません。LINEスタンプとよく似た「ステッカー」機能、メッセージに絵文字で反応できる「Tapback」機能などもあります。

とある理由で注目が集まっているゲーミングスマホ「OPPO Find X」

“大画面でゲームアプリを楽しみたい・・・、そんな願望を持っているユーザーには「OPPO Find X」がオススメです。
OPPO Find Xは、価格が「33,100円」となっておりますので、コストパフォーマンスが高いスマートフォンとして評価されています。近年では、価格以外の面でもOPPO Find Xが評価されるようになってきたため、今回は、OPPO Find Xの特徴や人気について簡単にまとめていきます。
まず、最近になってOPPO Find Xが注目されるようになったのは、「世界的に半導体不足が懸念されている」からです。近年までは、スマートフォンにあまり影響を与えないだろう・・・と思われていました。ですが、半導体不足が長く懸念されていることもあり、少しずつではありますがハイエンドモデルのスマートフォンの価格が上がってきているのです。
2020年までは、ハイエンドモデルのスマートフォンの最新モデルでも「10万円を切るものが増えていた」・・・のですが、今では「10~20万円のハイエンドモデルのスマートフォンが増えている」ため、好きなスマートフォンシリーズがいつの間にか数万円も価格が上がった・・・という時代になっているのです。
そこで再注目されるようになったのが、OPPO Find Xのようなミドルレンジモデルのスマートフォンであり、ゲーミングスマホとして利用できるモデルです。
主にSamsung、中華スマホ、日本国内のメーカーではSonyのXperiaシリーズ、SHARPのAQUOSシリーズがミドルレンジモデルのスマートフォンの中でも人気が高いとされています。というのも、これらのシリーズはミドルレンジモデルのスマートフォンとして3~5万円の範囲で提供されていることが多いからです。
しかも、「5G対応モデル、ワイドディスプレイタイプ、高速充電に対応、おサイフケータイ機能あり、耐衝撃性あり、防水防塵機能あり、カメラ性能も高い」といった、至れり尽くせりレベルのスマートフォンが増えているような状況になりました。
そんなミドルレンジモデルのスマートフォンの中で、なぜ特にOPPOのスマートフォンシリーズが人気なのかというと、OPPO Find Xのようなハイコストパフォーマンスのスマートフォンを次々に世に送り出しているからでしょう。
こちらについては実際にOPPO Find Xのスペックを確認するとよくわかります。
OPPO Find Xの詳細スペックですが、「CPUがQualcomm® Snapdragon™845、RAMは8GB、ROMは256GB」となっています。なにがどうよいのかわからない人のために簡単に解説すると、OPPO Find XはCPUなどの処理性能の高さが、ほかのスマートフォンよりもワンランク上なのです。ほかのスマートフォンでは、高性能CPUが搭載されている・・・とうたっているものでも、実際はsnapdragon480~6**番台の古いCPUが搭載されているケースもあるので注意しないといけません。
しかしOPPO Find XはRAM、ROMの容量も高くCPUについても本当に高性能なため人気なのです。
OPPO Find Xのそのほかのスペックですが、「ディスプレイサイズが6.4 インチ、バッテリー容量は3400mAh、ディスプレイ解像度は2340 x 1080 ピクセル、5G対応モデルではない」となります。OPPO Find Xは5G対応モデルではなく、バッテリー容量についても既存モデルよりおとります。
ですが、そのほかのスペックが高くほかでは真似されていないモデルに昇華されているため、OPPO Find Xは再評価されることが多いのです。”Samsung Galaxyの最新折りたたみスマホ

ドコモ「ギガホプレミア」のメリット・デメリットとは?

“NTTドコモでは大容量向けのプランとしてギガホプレミアのプランを2021年4月から提供しています。ここではギガホプレミアのメリット・デメリットをまとめてみましょう。
【ギガホプレミアとは?】
ギガホプレミアとは、データ通信量も月額料金に含まれたドコモの大容量料金プランのことです。ギガホプレミアには5Gに対応した5Gギガホプレミアもあります。
通常のギガホプレミアは4G回線に対応した料金プランで、利用可能データ量は月60GBです。5Gギガホプレミアは5G回線に対応した料金プランで、1ヶ月の利用可能データは無制限となっています。
さらに申込不要&無料でデザリングの利用も可能となっています。それぞれのプランのデザリングについては以下の通りです。
・ギガホプレミア60GB
・5Gギガホプレミア 無制限
【ギガホプレミアのメリットとは?】
ギガホプレミアのメリットについてまとめてみましょう。
<110円プラスで5Gプランになる>
ギガホプレミアは月額料金に+110円で5Gプランにすることができます。5Gギガホプレミアはデータ容量が無制限になるのでかなりお得でしょう。ただし5Gエリア内かつ5G対応のスマホが必要となります。
<速度制限後でも1Mbpsは保証される>
ギガホプレミアではデータ容量を使った後でも、最低速度1Mbpsの保証がついています。1MbpsあればSNSやWEBサイト閲覧も可能になるので不便はないでしょう。
<通信速度がトップクラス>
ドコモの通信速度は数ある携帯電話会社の中でもトップクラスを誇っています。そのためギガホプレミアにおいても通信速度に満足できるはずです。
<みんなドコモ割に対応>
ギガホプレミアは家族割(みんなドコモ割)対応で、550円~1,100円の割引を受けることができます。
<ドコモ光セット割に対応>
ギガホプレミアはドコモ光セット割にも対応しています。ドコモ光を契約しているのなら、スマホセット割を適用でき1,100円の割引を受けられます。
<dカード支払い割で割引対象>
ギガホプレミアでは支払い方法をdカードかdカードGOLDに設定すると、毎月187円の割引を受けられます。ちなみにdカードGOLDは年会費が1万円かかるものの、ドコモの利用料金に対して10%の還元を受けられます。
【ギガホプレミアのデメリットとは?】
ギガホプレミアのデメリットについてまとめてみましょう。
<データ消費量が少ない場合は割高になる>
ギガホプレミアはデータ消費量が3GBの場合は1650円割引になり、月額料金は5,555円となります。一見すると安くなるのでよい!と思うかもしれませんが、3Gでこの料金は高いと感じてしまうでしょう。
<楽天モバイルと比べると割高>
大容量プランと言えばギガホプレミアの他に、楽天モバイルのプランがあります。
値段的に見ると、ドコモのギガホプレミアよりも楽天モバイルの方が断然お得です。ただし通信速度についてはドコモの方がよいので、安定した高速通信を求める方はドコモギガホプレミアで問題ないでしょう。
<データ繰り越しができない>
ギガホプレミアでは、使いきれなかったデータを翌月に繰り越すことはできません。そのためデータは残さずにできるだけ使った方がコスパがよいでしょう。”

LINEスタンプ プレミアムforLINEMOはどんなサービス?

“ソフトバンクはオンライン専用料金プラン「LINEMO」のスマホプランのユーザー向けに、「LINEスタンプ プレミアムforLINEMO」を2022年8月1日から提供することになりました。今回はLINEスタンプ プレミアムforLINEMOについてまとめてみましょう。
【LINEスタンプ プレミアムforLINEMOはどんなサービス?】
LINEスタンプ プレミアムforLINEMOというサービスは、「LINEMO」のスマホプランを契約した場合、追加料金なしで「LINEスタンプ プレミアム(ベーシックコース)」を利用できるというサービスです。サービスの詳しい内容や手続き方法については、現段階ではまだ発表されておらず、後日案内されるということです。
【LINEスタンプ プレミアムとは?】
「LINEスタンプ プレミアム」は、「LINE」において、1000万種類以上の対象スタンプが使い放題となるサービスです。このLINEスタンプ プレミアムは数年前から展開されているサービスで、月額240円のベーシックコースと、月額480円のデラックスコースの2種類から選べます。
それぞれのコースで利用できるサービスは以下の通りです。
<ベーシックコース>
・900万種類以上の対象スタンプが使い放題
・スタンプの入れ替え無制限
・ダウンロードせず予測変換から送信
・スタンプ・絵文字の保有制限:スタンプ5個
<デラックスコース>
・900万種類以上の対象スタンプが使い放題
・スタンプの入れ替え無制限
・ダウンロードせず予測変換から送信
・7万種類以上の対象絵文字が使い放題
・スタンプ・絵文字の保有制限:スタンプ・絵文字合わせて1,000個
ベーシックコースとデラックスコースは、どちらもプレミアムスタンプは使い放題で、使用できるスタンプの種類に差はありません。違いと言えばデラックスコースでは、スタンプに加えて対象の絵文字も使い放題になるということ。
またベーシックコースでは同時にダウンロードして保有できるスタンプは5個までですが、デラックスコースでは保有制限が1,000個までと大幅にアップします。数を気にせずにたくさんダウンロードできるという点はメリットになるでしょう。 どちらのコースも1ヶ月の無料体験期間があるので、自分にあった方を選ぶのがおすすめです。
スタンプの一覧を見ると「P」という文字の紫アイコンが付いているものが「LINEスタンプ プレミアム」で使い放題対象のスタンプです。”