スマホの写真サイズを変更して、ストレージ容量を削減しよう

“スマホを使っていて気になるのはストレージの空き容量でしょう。特に動画や写真はファイルサイズが大きいため、たくさん撮影しすぎてしまうとあっという間にスマホのストレージ容量はいっぱいになってしまいます。ここではスマホの写真サイズを変更して、ストレージ容量を削減する方法をまとめてみましょう。
【カメラアプリの設定で「解像度」を変更しよう】
いっぱいになったストレージ容量を空けるための方法としては、写真をこまめにパソコンにバックアップする、写真をGoogleフォトなどクラウドサービスにアップロードするなどいくつかありますが、まずはカメラアプリの設定を見直すところから始めてみましょう。
カメラアプリの設定で見直したいのが「解像度」です。解像度とは、ピクセル数で表現される画像の大きさのこと。この解像度は「横のピクセル数×縦のピクセル数」で表現され、解像度が高ければ高いほど、画像は大きくなるのでストレージ容量がすぐにいっぱいになってしまいます。解像度が低い=画像が小さいとファイルサイズは小さくなるので、その分ストレージ容量を節約することが可能です。
解像度が低いと、画素が荒くなってよくないのでは?と思ってしまいがちですが、Twitterやインスタグラム、FacebookなどのSNSに投稿する写真であれば、スマホやウェブブラウザ上で見るだけなので、解像度が低くてもそれほど問題にはなりません。逆に大きく拡大してプリントアウトするなどという場合には、画素数が高い方がよいでしょう。綺麗に印刷するためには、解像度は高い方がおすすめです。フォトフレームに入れて飾っておきたい写真を撮りたい場合には、あらかじめカメラアプリの設定を変更しておきましょう。その他の時には、解像度は低くても問題ありません。
【Androidはカメラアプリ設定で解像度を変更できるが、iPhoneはできない?】
Androidではカメラアプリの設定で解像度を変更することが可能です。写真の解像度の変更方法は、それぞれの機種によって異なるので変更方法を知っておくと、すばやく変更できるでしょう。
一方、iPhoneではAndroidスマホのように撮影時に解像度を下げることはできません。しかし写真でストレージ容量を圧迫するのを防止するために、「iPhoneのストレージを最適化する」という機能があります。この機能では、iPhoneのストレージの空き容量が少なくなった場合には、写真と動画を最適化したバージョン、つまり解像度を下げたものに置き換えることができるという機能です。ちなみにフル解像度のバージョンに関しては、削除されるわけではなくApple社のオンラインストレージであるicloudに保存されることになります。”

SIMフリースマホの「エントリーモデル」でおすすめの機種とは?

“SIMフリーのスマホの中でも4万円未満のリーズナブルな価格が魅力の機種を「エントリーモデル」と言います。エントリーモデルは最低限の性能が搭載されており、リーズナブルな価格が魅力の1つです。ここではSIMフリーのスマホの中でも、おすすめのエントリーモデルをいくつかご紹介しましょう。
<【Xiaomi】SIMフリースマートフォン REDMI 9T>
XiaomiのSIMフリースマートフォン REDMI 9Tは、大容量バッテリーが搭載された機種として人気です。長時間の外出で充電ができない場合でも、大容量バッテリーが搭載されているので充電切れを気にすることなく使用できます。スマホの利用頻度が日頃から低い人であれば、1回の充電で数日使うこともできちゃうほどのバッテリー容量となっています。
また【Xiaomi】SIMフリースマートフォン REDMI 9Tでは、18Wの急速充電機能にも対応しており、スピーディーに充電することが可能。忙しい朝やお出かけ前にもさっと充電できるのが魅力でしょう。価格は税込み価格で1万円台ととってもリーズナブル。初めてSIMフリースマホを購入する人や、2台目のサブスマホをお探しの方に人気がある機種です。
<【SHARP】SIMフリースマートフォン AQUOS sense4>
SHARPのSIMフリースマートフォン AQUOS sense4は、SHARP独自の省エネIGZOディスプレイを搭載したSIMフリースマホです。透過率に優れたディスプレイなので、LEDバックライトの消費電力や、静止画表示の消費電力を低減することができます。さらに4,570mAhの大容量バッテリーも搭載されているので、1日1時間程度しかスマホを利用しない人であれば、1週間連続で充電なしで使用することもできるほどです。
さらにSHARP独自の省エネIGZOディスプレイは、SNSやゲーム、電子書籍など表示するコンテンツに合わせて最適な明るさ、色味で画面を出力してくれるのも魅力の1つです。価格帯は、3万円台になります。
<【OPPO Japan】SIMフリースマートフォン Reno3 A>
OPPO JapanのSIMフリースマートフォン Reno3 Aは、カメラ性能に特徴があるスマホです。電動式の手ブレ補正で綺麗な映像を撮影することができ、全部で4つのレンズが内蔵されたカメラが搭載されています。アウトカメラは約4800万画素で、被写体を緻密に映し出してくれるので、写真や動画を頻繁に撮影する人でも満足できるでしょう。
手ブレ補正機能があるので、動きながらの動画撮影でもしっかりと安定感が保たれます。また超広角レンズを使用することで、大人数や大きな建物の撮影でも、全体をしっかりと映し出すことができます。
さらに【OPPO Japan】SIMフリースマートフォン Reno3 Aでは、「ゲームブースト2.0」という機能が搭載されています。この機能は、操作遅延が解消されるので、快適な環境下でゲームプレイを楽しめるでしょう。ゲームを楽しみたい人にとっても魅力的な機能ですね。そのほかに、おサイフケータイや、IP68の防塵・防水機能にも対応しており、機能面でも大満足。価格帯は2万円台とリーズナブルです。
そのほか、カメラはメインカメラ、広角カメラ、望遠カメラ、インカメラの4台を搭載し、IP65+IPX8の防塵・防水機能、顔認証+指紋認証の生体認証などの機能も搭載されている充実の機種です。”

スマホカメラでブレずに撮影するには持ち方が大切!

“スマホカメラで撮影する時に、スマホの持ち方によっては写真がブレてしまうことがあります。撮影した写真をチェックすると、ブレてしまっていた…なんて経験もあるでしょう。実は写真のブレは、スマホの持ち方によって改善できるのです。ここでは写真を撮影する際の、スマホの持ち方をレクチャーしましょう。
【スマホで撮影する時の基本的な構え方】
スマホカメラで撮影したのに、写真がブレてしまうのは、スマホを持つ手が安定していないことが原因です。基本的な構え方として、両手と両指でスマホを持つようにしましょう。さらに持つ時には脇をしめておくのがポイントです。机などに肘をついて固定すると、さらにスマホがぶれにくくなります。
基本的な持ち方は、デジタルカメラを持つ時と変わりません。
・両手で持つこと
・脇をしめること
この2つをしっかりと守ることで、スマホが安定するでしょう。
ただ通常のデジタルカメラとスマホのカメラではシャッターの位置が異なります。デジタルカメラでは上から下へシャッターを押しますが、スマホでは画面をタップしてシャッターを切ることになります。そのため、スマホにあった持ち方をしなければなりません。
自撮りする場合には、中指と薬指の2人でスマホ背面を支え、前面は人差し指と小指で挟みます。この状態をキープして親指でシャッターボタンを押せば、なるべく腕を遠くに伸ばせてなおかつ、スマホも固定することができます。
【スマホ撮影をする際に、ブレにくい持ち方とは?】
スマホのカメラで撮影する際に、ブレにくい持ち方を縦持ち、横持ちそれぞれレクチャーしましょう。
<縦持ちの場合>
縦持ちでは、右手と左手をくっつけて持ちます。こうすることで必然的に指と画面との距離が近くなり、うっかり強くタップしてもブレる可能性が低くなります。NGな持ち方としては、片手でスマホを持って、もう一方の手で画面をタップするやり方です。この持ち方だと、強めにタップしてしまった時などは特にブレやすくなります。
<横持ちの場合>
左手全体でスマホを包み込み、左手に右手を添えて右手でタップします。画面をタップした時の前から後ろへかかる力に対しても、左手でしっかりと支えているのでブレが少なくなります。横持ちの場合は、通常のデジタルカメラの持ち方とは全くことなるので注意が必要です。NGな持ち方としては、スマホを上下から押さえるように持つやり方です。この持ち方だと、画面をタップした時に、前から後ろへかかる力を支える指がないため、スマホが動きやすく、ブレの原因となってしまうでしょう。
【室内でのブレを抑える方法とは?】
室内などくらい場所で撮影する場合、どうしてもブレがひどくなりやすいです。室内で撮影する際には、机や手すりなど安定したものをうまく活用するのがおすすめ。両肘を机や手すりなどにつくとブレを抑えることができます。手首を机に充てて、手首を固定するのもおすすめですよ。
また立った状態で撮影する際には、柱や壁に体を当てて、体を固定させることでブレを小さくできます。また連写機能を使うことでブレていない写真が撮りやすくなるでしょう。”今後5Gで我々の生活は一変するのでしょうか?答えばスマホ道場する前と比較してみるといいかも知りません。5Gスマホで何が変わるかのか。こちらのページを参照してください。www.galaxymobile.jp/galaxy-5g/

同時に4人で配信できるインスタグラムの「LIVEルーム」ってどんな機能なの?

“インスタグラムの新機能「LIVEルーム」をご存知ですか?LIVEルームは最大4人での配信が可能な魅力的な新機能です。ここではインスタのLIVEルームについてまとめてみましょう。
【LIVEルームとは?】
LIVEルームは最大4人でコラボ配信ができる機能であり、従来のインスタライブの配信とほぼ同じ手順で行うことができます。LIVEルームのやり方は以下の通りです。
1、インスタグラムのホーム画面から「+」マークをタップする
通常の投稿、ストーリーズを投稿する際と同じやり方です。
2、投稿フォームに移行したら、「ライブ」の項目にカーソルを合わせる
画面下部に投稿する項目を選択するためのタブがあるので、一番右にある「ライブ」を選択しましょう。
3、配信開始ボタンをタップすると、ライブ配信がスタートする
撮影開始ボタンが配信開始ボタンのアイコンに変わるので、ここをタップするとライブ配信が始まります。
配信開始ボタンをタップすると「接続を確認中です」というメッセージが表示され、接続確認を終えると「ライブ配信中です!」というメッセージが表示されます。
4、ライブ配信がスタートしたら、一緒にコラボ配信したいユーザーを招待する
ライブ配信が始まったら、一緒にコラボしたいユーザーを招待しましょう。LIVEルーム機能の追加によって、最大4人でのコラボ配信が可能です。
5、ユーザーの招待は、画面右下の「+マークの付いたカメラアイコン」をタップ
+マーク付きカメラアイコンをタップすると、リストアップされたユーザーが一覧で表示されます。その中からコラボしたい相手を選択しましょう。
また、検索枠を使ってユーザー名から招待を行うこともできますよ。ユーザーがリクエストを承認すれば、一緒にコラボ配信ができます。
ユーザーにリクエストを送るだけではなく、他のユーザーからリクエストが送られてくることもありますよ。
6、ライブ配信を終える時には、画面右上の「×」ボタンをタップする
画面右上の「×」ボタンをタップすると「ライブ動画を終了しますか?」というメッセージが表示されるので、「今すぐ終了」をタップしましょう。
7、ライブ配信が終了したら、ライブ配信した動画を「シェアする」「ダウンロードする」「削除する」の3つから選ぶ
【新機能「LIVEルーム」の登場によって変わった機能とは?】
今回、新機能として追加されたLIVEルームの最大の特徴は、最大4人でライブ配信ができるようになったということ。今までのインスタライブでは自分以外、もう1人しか招待することができませんでした。
しかしLIVEルームの登場によって、インスタライブのあらゆるキャパシティが2倍になったと言われています。参加人数が増えたことによって、ライブトークショー、インタビュー、ミュージシャンのジャムセッションなど新しい使い方ができるようになるでしょう。
次にLIVEルームの登場によって新しく追加された機能についてまとめてみます。
<最大配信時間が4時間>
これまでインスタライブでは配信時間は最大1時間でした。しかしLIVEルームが登場したことによって、最大配信時間が4時間になっているアカウントが出てきています。ただすべてのアカウントで配信時間が4時間になっているわけではありません。最大配信が4時間になる条件としては
・過去にコミュニティガイドライン、ポリシー違反がないアカウントであること
・インスタグラムにおいてアクティブに活動しているアカウントであること
などがあるようです。
<ブロックされているユーザーは参加できない>
LIVEルームでは、配信している4人のユーザーのうち、誰か1人でもブロックされているユーザー、もしくはコミュニティガイドラインに違反しているユーザーは参加できません。また過去に何等かの理由でインスタライブを行えなくなっているユーザーもLIVEルームには参加できないようです。”

スマホカメラで証明写真が簡単に撮影できる?おすすめの証明写真アプリを厳選紹介!

“履歴書やパスポート、マイナンバーカードを作る時に証明写真が必要です。
写真館で証明写真を撮影してもらうと結構な値段がしますし、証明写真機を利用すると映りが悪く嫌な思いをした…という経験がある人も多いでしょう。
実は証明写真はスマホのカメラを使って簡単に撮影することができるのです。アプリを使用すれば履歴書に適した写真を簡単に撮影できますし、自分の納得いくまで撮り直しができます。ここではスマホカメラで証明写真を撮影する際におすすめのアプリをご紹介しましょう。
・履歴書カメラ
証明写真用アプリは数多くありますが、その中でも「履歴書カメラ」は人材業界でも大手として有名なリクルートがプロデュースしているアプリになります。履歴書カメラでは、履歴書用の写真だけではなく、パスポート、免許証、マイナンバーカード用など公的な書類の証明写真にも対応しているので利用機会が多いでしょう。
画面上には撮影時のアドバイスが分かりやすく表示されているので、証明写真で気を付けておきたい撮影ポイントがすぐに分かります。撮影後には肌加工やクマ消しなどもできるので、イメージに合う写真に加工できるでしょう。
また証明写真の印刷はもちろんですが、証明写真付き履歴書を印刷することもできるのが魅力の1つです。
・Bizi ID-コンビニ証明写真
Bizi IDはスマホやデジカメなどで撮影した写真をコンビニのマルチコピー機で印刷できるアプリ。自宅にプリンターがないという人でも手軽に利用できるのが魅力です。コンビニの中で取扱いしているのはローソンとファミリーマート。履歴書や運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど約10種類のサイズに対応しており、証明写真が6枚200円という安さで印刷できるのでコスパ重視の人にもぴったりです。
またファミリーモードを使用すれば、1枚に4人の写真をまとめて印刷できるので、家族や友人とシェアすればよりお得に証明写真が撮影できますね。
・美肌証明写真
美肌証明写真は証明写真用のアプリで、iPhoneのみ対応。証明写真は綺麗に撮れない場合が多いですが、この美肌証明写真アプリを利用すれば美肌に撮ることができるので、綺麗にこだわる人にぴったり。写真の美白や彩度などを細かく調節できるので、すべすべの肌で撮影が可能。サイズは20~60mmの間で設定できるので、様々な証明写真に活用できますよ。
・証明写真BOX
証明写真BOXもiPhoneのみ対応のアプリ。スマホで撮影した証明写真を自宅のプリンターやコンビニで簡単に撮影できます。履歴書だけではなく、運転免許証、パスポートなどサイズも豊富。また背景を自由に変更できるので、自宅に無地の背景がない、白い壁がないという場合でも問題ありません。さらに美肌補正機能も付いているので、綺麗に撮影ができ、明るい雰囲気に加工できます。
・証明写真アプリ
android対応のアプリで、スマホで撮影した写真から簡単操作で証明写真のデータが作れます。Webエントリーなどに利用できる単体での写真データ保存も可能。履歴書、パスポート、マイナンバーカード、運転免許などの様々な証明写真サイズに対応しており、1枚のプリント写真中に異なるサイズの証明写真を入れることもできます。またカラー写真をもとに白黒(グレースケール)の証明写真を作ることもできますよ。”

7 ~10GBのプランが充実の格安SIMとは?

“ahamoやLINEMOなどの大手キャリアの格安プランではデータ容量の選択はできないため20GBプランのみとなっています。しかし実際には毎月20GBも使わない…というユーザーもいるでしょう。そんな方におすすめしたいのが、格安SIMの7~10GBのミドルプランです。10GB前後のデータ容量があれば、外出先でも容量を気にせずに動画やゲームを楽しめるでしょう。ここでは7~10GBタイプの格安SIMをまとめてみましょう。
【7~10GBはちょうどいい容量?!】
大手キャリアであればドコモのギガライトプランやauのピタっとプランなどの従量制プランは7GBが上限となっています。7GBではデータ容量が毎月足りなくなり、通信制限がかかって困っているという人もいるでしょう。しかしahamoやLINEMOのようなキャリア格安プランではデータ容量が20GBとなります。7GBでは少ないものの、20GBでは多い…と感じているユーザーにおすすめしたいのが、格安SIMの7~10GBのプランです。
格安SIMでは7~10GBのプランを月額2000円以内で利用することができます。キャリア格安プラン(20GB)では2,700~3,000円前後の料金となるので、格安SIMの方が安く利用できるでしょう。
【7~10GBのおすすめの格安SIMとは?】
ここでは7~10GBのデータ容量の格安SIMプランをまとめてみましょう。
<mineo>
mineoは10GBが月額1,958円となっています。
mineoは10GB以上のプランで「パケット放題plus(通常385円)」というオプションを無料でつけることができます。このオプションサービスは、通常最大200kbpsの低速通信時の通信速度を最大1.5Mbpsまで上げられるオプションです。大手キャリアの速度制限時の通信速度は最大128kbpsなので、mineoの低速通信はその10倍以上の速度がでることになります。速度制限時でもストレスなく利用できるでしょう。
<OCNモバイルONE>
OCNモバイルONEは10GBが月額1,760円となっています。
OCNモバイルONEはドコモ回線を取り扱うMVNOで通信速度が比較的安定しているでしょう。エントリーモデルからハイスペックモデルまで販売機種がとても豊富。iPhoneも販売されていますよ。また端末販売価格が他社よりも安く、セール時には1円という破格の値段で販売されている機種もあります。
<IIJmio>
IIJmioは8GBが1,485円、15GBが1,848円の2つの料金プランがあります。IIJmioのギガプランは余ったデータ容量を翌月末まで繰り越すことができるのでとってもお得。また家族で利用している場合は、データ量をシェアすることもできるので家族利用の方に人気があります。さらにIIJmioでは、販売しているandroid端末が豊富という点も魅力の1つです。
<イオンモバイル>
イオンモバイルは7GBが1,728円、8GBが1,848円、9GBが1,958円、10GBが2,068円と選べるギガ数が豊富で、7GB~10GB間で1GBごとにプランを選択できます。データ量の上限を細かく設定できるので、自分が使うデータ容量に近いプランを選べるでしょう。また60歳以上の方を対象とした「やさしい音声プラン」では、さらに安い料金設定となっているので、シニア世代におすすめです。
また、イオンモバイルは全国に200店舗以上あるイオン店舗で対面でのサポートが受けられるのも魅力の1つ。格安SIMを初めて利用するという人でも、対面サポートがあるので安心です。オンライン専用の格安SIMはちょっと不安…と感じている人はイオンモバイルにしましょう。”ドコモスマホ一覧

最安値をマークしている「ASUS ZenFone Max (M2)」

“1万円を切るハイスペックスマートフォンが欲しい・・・と考えている人には、「ASUS ZenFone Max (M2)」がオススメです。
ASUS ZenFone Max (M2)は、2019年3月15日発売のモデルとなりますので、今ではかなり古い型落ちスマホのようなイメージを持たれることがあります。ですが、性能的にもコストパフォーマンス的にも優秀なモデルのため、安くて性能のよいスマートフォンを探している人にはうってつけと言えるモデルです。
ASUS ZenFone Max (M2)は、今までにスマートフォンランキングでトップ10入りしたこともあるほど人気のモデルです。なぜこれほどの人気を得ているのかというと、それは、「SoCにSnapdragon 632を搭載している」モデルだからでしょう。SoCがなんのことなのかわからない人のために概要を説明すると、番号が上がるほどにCPUとしての性能が上がるチップセットなどをSoCと言います。スマートフォンの目玉とも言えるパーツのため、こちらのできが良いか悪いかでスマートフォンとしての価値が大きく変動します。
今でも、600番台、700番台を搭載しているミドルレンジモデルは多く、これはSamsungのような大手のスマートフォンメーカーでも同じなのです。つまりスマートフォンはスペック重視で選ばれる傾向にあり、ASUS ZenFone Max (M2)はコストパフォーマンスでも優れるところが評価されました。
しかもASUS ZenFone Max (M2)は、「サクサク動作する」、「顔認証がスピーディー」という、当時のハイスペックスマートフォンの欠点ともいえる問題を、ほぼすべて改善しているスマートフォンでした。つまりASUS ZenFone Max (M2)が、当時において大人気となるのは当然のことなのです。
その他のASUS ZenFone Max (M2)の優位性を紹介すると、ASUS ZenFone Max (M2)は「バッテリー容量が3,000mAh台ではなく4,000mAh台」です。今ではあまり凄くないことのように言われますが、当時は3,000mAhを超えるだけで大容量バッテリーと言われていたので、ASUS ZenFone Max (M2)がいかに優れているのかは、こちらを確認するだけでもわかるでしょう。
ちなみにASUS ZenFone Max (M2)は、オンラインストアのキャンペーン対象商品となっていることが多いです。そのためASUS ZenFone Max (M2)は、価格にして3,000~7,000円で購入できることが多く、こちらも含めて高評価となっているスマートフォンです。”

スマホの動画を圧縮する方法とは?

“インスタグラムやツイッター、TikTokなど人気のSNSでは、写真や動画を投稿することが多いです。写真の送信や投稿であれば簡単にできるものの、動画の送信や投稿は、難しい…と感じている人もいるかもしれません。動画ファイルは写真とは違って、データ量が大きいため、メールで送ってしまうと受信者の迷惑となってしまいます。では動画を送信する際には、どうすればよいのでしょうか?その答えは「動画を圧縮する」こと。動画を圧縮して送ることはビジネスマナーとも言えます。ここではスマホで撮影した動画を圧縮する方法についてまとめてみましょう。
【スマホの動画を圧縮する方法】
スマホで撮影した動画のデータ容量はとても大きいため、何も手を加えずにそのまま送信してしまうと、受信する側は受信するのに時間がかかってしまいます。そのため、動画ファイルのデータを小さくコンパクトにした状態で送信する必要があるのです。動画ファイルをコンパクトにすることを「圧縮する」と言います。SNSアプリに動画を投稿する際には、動画のアップロードサイズが決められているので、動画の圧縮を行う必要があります。
スマホの動画を圧縮する方法には
・撮影前に解像度を下げておく方法
・アプリを使って圧縮する方法
があります。
1つ目の「撮影前に解像度を下げておく方法」では、動画を撮影する前に動画の解像度を下げておくことで動画自体の容量を小さくすることができます。解像度とは「画素」のことで、縦横のピクセル数で表示されるものです。解像度が高くなればピクセル数は多くなり、動画はきめ細かくきれいな仕上がりとなります。ただ高解像度に設定してしまうと、動画ファイルのサイズが大きくなってしまうので、動画データの送信は遅くなってしまうでしょう。
2つ目の「アプリを使って動画を圧縮する方法」は、アプリをインストールして、動画を圧縮するだけの手軽な方法です。現在iPhone対応、android対応の動画圧縮アプリは数多く登場しており、使い勝手のよいアプリを選んで使ってみましょう。
次にそれぞれの方法を詳しく解説していきます。
<撮影前に解像度を下げておく方法>
撮影前に解像度を下げておく方法では、スマホの設定を変更する必要があります。iPhone、androidそれぞれの設定方法をまとめてみます。
・iPhoneの場合
1、ホーム画面にある「設定」アプリを開く
2、「設定」メニューから「カメラ」をタップ
3、「ビデオ撮影」を選択する
4、デフォルトで設定されているのは「1080pHD/30fps」なので、解像度を下げたい時には「1080pHD/30fps」よりも上に表示されているものを選ぶ
・androidの場合
androidは、メーカーや機種により動画の解像度を変更する方法に違いがあります。
今回は、AQUOSのやり方をご紹介します。
1、ホーム画面に表示されている「カメラ」アプリを開く
2、「写真モード」から「動画モード」に変更
3、画面の右上にある「︙」をタップする
4、「設定」画面が立ち上がるので、「動画」と「共通」の2つが表示されているので「動画」をタップ
5、メニューが表示されたら「画質とデータ量」を選択し、タップ
6、3つの画質とデータ量のオプションが表示されているので、「汎用モード」か「軽量モード」を選択
<アプリを使って圧縮する方法>
動画を圧縮できるアプリは、iOS版、android版それぞれあります。
今回は、iPhone、androidそれぞれの端末ごとに、おすすめのアプリをまとめてみましょう。
<iPhoneの場合>
・動画やビデオを圧縮 – 動画サイズを小さくする
「動画やビデオを圧縮 – 動画サイズを小さくする」はiOS版のアプリ。動画の圧縮が簡単に行えるとあって人気を集めています。操作の方法は以下の通りです。
1、トップ画面に「ビデオを圧縮する」があるのでタップ
2、ポップアップが表示されたら「すべての写真へのアクセスを許可」をタップ
3、スマホに保存されている動画一覧の中から、圧縮したい動画を選びタップする
4、プレビュー画面になるので「Done」をタップ
5、動画の圧縮が完成
・VCompressor
「VCompressor」は操作がシンプルで、簡単に動画圧縮ができるアプリです。また圧縮レベルも5段階から選ぶことができますよ。やり方は以下の方法です。
1、トップ画面の「ビデオ」のアイコンをタップ
2、「すべての写真へのアクセスを許可」をタップ
3、「Album」画面から「カメラロール」を選択する
4、動画一覧の中から圧縮したい動画を選択
5、動画の編集画面になったら「圧縮する」をタップ
<androidの場合>
・Video Converter Android
「Video Converter Android」は、すべて英語表記となっている動画圧縮アプリです。操作方法は以下の通りです。
1、トップ画面下の「video」アイコンをタップ
2、圧縮したいビデオに「✓」を入れる
3、「✓」を入れたら「convert」アイコンを押す
4、「profile」にある「default」をタップ
5、「Reduce Size(pro)」をタップ
6、「Reduce Size」画面が立ち上がったら、「Res」をタップ
7、変更可能なサイズのオプションが確認できるので希望するサイズを選び「✓」を入れる
8、表示されている項目を確認したら「start」を押す
9、動画の圧縮が完成”

タフネスなゲーミングスマホ「キャタピラー CAT S60」

“スマートフォンを所有しているユーザーが不安を覚えることの中に、スマートフォンの耐久性があります。ですが、耐久性を売りにしているスマートフォンメーカーのほとんどは、ガラスフィルムでもそうですが部分的に補強されているので安心・・・と言っているだけなのです。
しかしユーザーの中には、スマートフォンそのものの耐久性が高いものを欲しいユーザーもいるため、今では「キャタピラー CAT S60」が大人気です。こちらは「落としてしまっても壊れる心配が少ない」スマートフォンで、耐久性については他のスマートフォンに比べて桁違いと思ったほうがよいでしょう。
キャタピラー CAT S60は、価格が「約97,000円」のスマートフォンのため、人によってはハイエンドモデルとはいえ高い・・・と感じる方もおられるでしょう。ですが、耐久性を売りにしているスマートフォンの多くは、ハイエンドモデルであれば10万円前後はするので、こちらについては適切な価格設定という評価になります。
キャタピラー CAT S60の特徴は、「ゲーミングスマホとして使える、バッテリー容量が3,800mAh」のため、タフネスなゲーミングスマホを探している人には、特にオススメできるスマートフォンです。バッテリー容量の補足となりますが、正直なところそれほど高くはありません。というのも、今では3万円台で購入できるミドルレンジモデルであっても、4,000~5,000mAhのものが増えているからです。
しかしキャタピラー CAT S60は、2017年製のスマートフォンとなりますので、これらのことを考えると、古いスマートフォンにしてはかなり頑張っているほうだと評価できます。
ちなみに、耐久性の高いスマートフォンが欲しい場合は、キャタピラー社製のスマートフォンを購入するとよいです。キャタピラー社製のスマートフォンは耐久性を売りにしているため、「アウトドア、スポーツ、工事現場」といった環境にも対応できるようになっています。
どれほど丈夫なのかというと、高さにして「約2mから落とす耐久試験をクリアする」レベルのスマートフォンです。他のスマートフォンの耐久テストは衝撃に対するものが多く、落下に対しては曖昧な情報が多いので信用できません。そのため今では、キャタピラー CAT S60を選ぶ人が増えているのです。
キャタピラー CAT S60のその他の特徴ですが、「IP68クラスの防塵防水性性能を誇る」のがキャタピラー CAT S60の売りとなります。IP以降の数字が高いものほど性能はよいのですが、キャタピラー CAT S60は水深5mの環境下でも使用できるスマートフォンとなっているので、落としても大丈夫、防水防塵についても同様に安心できるスマートフォンと言えるのです。”

SIMフリースマホの「エントリーモデル」でおすすめの機種とは?

“SIMフリーのスマホの中でも4万円未満のリーズナブルな価格が魅力の機種を「エントリーモデル」と言います。エントリーモデルは最低限の性能が搭載されており、リーズナブルな価格が魅力の1つです。ここではSIMフリーのスマホの中でも、おすすめのエントリーモデルをいくつかご紹介しましょう。
<【Xiaomi】SIMフリースマートフォン REDMI 9T>
XiaomiのSIMフリースマートフォン REDMI 9Tは、大容量バッテリーが搭載された機種として人気です。長時間の外出で充電ができない場合でも、大容量バッテリーが搭載されているので充電切れを気にすることなく使用できます。スマホの利用頻度が日頃から低い人であれば、1回の充電で数日使うこともできちゃうほどのバッテリー容量となっています。
また【Xiaomi】SIMフリースマートフォン REDMI 9Tでは、18Wの急速充電機能にも対応しており、スピーディーに充電することが可能。忙しい朝やお出かけ前にもさっと充電できるのが魅力でしょう。価格は税込み価格で1万円台ととってもリーズナブル。初めてSIMフリースマホを購入する人や、2台目のサブスマホをお探しの方に人気がある機種です。
<【SHARP】SIMフリースマートフォン AQUOS sense4>
SHARPのSIMフリースマートフォン AQUOS sense4は、SHARP独自の省エネIGZOディスプレイを搭載したSIMフリースマホです。透過率に優れたディスプレイなので、LEDバックライトの消費電力や、静止画表示の消費電力を低減することができます。さらに4,570mAhの大容量バッテリーも搭載されているので、1日1時間程度しかスマホを利用しない人であれば、1週間連続で充電なしで使用することもできるほどです。
さらにSHARP独自の省エネIGZOディスプレイは、SNSやゲーム、電子書籍など表示するコンテンツに合わせて最適な明るさ、色味で画面を出力してくれるのも魅力の1つです。価格帯は、3万円台になります。
<【OPPO Japan】SIMフリースマートフォン Reno3 A>
OPPO JapanのSIMフリースマートフォン Reno3 Aは、カメラ性能に特徴があるスマホです。電動式の手ブレ補正で綺麗な映像を撮影することができ、全部で4つのレンズが内蔵されたカメラが搭載されています。アウトカメラは約4800万画素で、被写体を緻密に映し出してくれるので、写真や動画を頻繁に撮影する人でも満足できるでしょう。
手ブレ補正機能があるので、動きながらの動画撮影でもしっかりと安定感が保たれます。また超広角レンズを使用することで、大人数や大きな建物の撮影でも、全体をしっかりと映し出すことができます。
さらに【OPPO Japan】SIMフリースマートフォン Reno3 Aでは、「ゲームブースト2.0」という機能が搭載されています。この機能は、操作遅延が解消されるので、快適な環境下でゲームプレイを楽しめるでしょう。ゲームを楽しみたい人にとっても魅力的な機能ですね。そのほかに、おサイフケータイや、IP68の防塵・防水機能にも対応しており、機能面でも大満足。価格帯は2万円台とリーズナブルです。
そのほか、カメラはメインカメラ、広角カメラ、望遠カメラ、インカメラの4台を搭載し、IP65+IPX8の防塵・防水機能、顔認証+指紋認証の生体認証などの機能も搭載されている充実の機種です。”