5G対応モデルのWi-Fiルーターは買うべき?

“スマートフォンのモバイルデータ通信には制限があり、通信量を超えてしまうと最大限で制限がかかるようになっています。
そのため、家庭にいる時は「Wi-Fiルーターを使用する」人が増えてきました。ですが、Wi-Fiルーターには5G対応モデルと、従来タイプがあってわかりづらい・・・というい人もいます。
そもそもWi-Fiルーターとはなんなのかというと、「アクセスポイントの1種」でしかありません。スマートフォンは内蔵されているモバイルデータ通信規格、もしくは、周辺機器として利用できるWi-Fiルーターを通じて、インターネットアクセスできる仕様になっています。
よく耳にするWi-Fiというのは、「Wi-Fiの規格を言っている」ことを覚えておいてください。
次に5G対応モデルというのは、「4Gよりも10倍速いとされる5G対応モデル」のことを言っているだけです。通信規格というのは、3よりも4、4よりも5のように数字が上のもののほうが速いのです。
実際に速度を比較すると、5G対応モデルは4Gの10倍とされているため、「タイムラグを感じさせないレベルで無線のインターネット通信を楽しめる」時代になりました。
ですが、これは実感できる人とそうでない人に分かれるので注意してください。というのも、インターネット通信は「処理が重くなるデータ」でなければ、4G対応モデルで事足りるようになっているからです。
しかも、5G対応モデルは「5G対応エリアで使用しないと意味がない」ので注意してください。
5G対応エリアは少しずつエリアを拡大させているのですが、今のところ首都圏、もしくは大阪や福岡のような大都会以外ではエリア範囲が広くありません。つまり、田舎に住んでいる人では無用の長物と言って問題ないレベルなのです。
5G対応Wi-Fiルーターの結論となりますが、現在、大容量のデータを取り扱っていない人は不要です。
また、従来のWi-Fiルーターであっても、ものによっては「毎月3,000円以上の通信料が発生する」ため、格安プランでスマートフォンを利用されている場合でも、合計で5,000円ほどの月額料金が発生するようになります。
今ではよく5G対応モデルが安くなった・・・と言われていますが、これは「端末価格が安くなった」だけで、サービス料金はあまり変化していません。こちらについても理解してから、5G対応モデルを購入するようにしましょう。”

5G対応スマホの「OPPO Find X5」とは?

“5Gスマートフォンはスマートフォン以外の数多くの通信機器にも、1度にたくさん繋げることができますので、繋がりにくくなることなく快適に楽しめると思います。
その5Gに対応しているスマートフォンには多くの機種がありますが、その中の一つに「OPPO Find X5」という5Gスマホがあり、デジカメ超えの域に達した美しい映像を撮影できる高性能カメラや高精細かつ色鮮やかな画像や動画を再生する高精細大型ディスプレイ、サクサク動く高性能CPUや安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約74000円でRAM8GB/256GBモデルが約81000円でRAM12GB/256GBモデルが約88000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約72ミリ、高さ約160ミリ、厚さ約8.7ミリ、重さ約196gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.55インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは80Wの急速充電や30Wのワイヤレス充電、10Wのワイヤレス給電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイにはGorilla Glass Victusを採用してリフレッシュレートが120Hzに対応しています。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあります。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約5000万画素+望遠レンズがついた約1300万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(ColorOS 12.1)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水防塵(IP68)がついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

かんたん設定ありで人気「Samsung Galaxy A21」

“スマートフォンに対してコストパフォーマンスと初期設定のシンプルさを求めている人には、「Samsung Galaxy A21」がオススメです。
Samsung Galaxy A21の長所は、「ディスプレイが5.8インチ、重量は約159g」となっているところです。前述した初期設定についてもかんたんモードが用意されているため、案内に従って操作するだけで設定を終えられるようになっています。最近では、大手メーカーのスマートフォンによくみられるサービスとなっていますが、Samsungのgalaxyシリーズは古くからかんたんモードを打ち出しているので、かんたんモードに多くの実績があるスマートフォンを探している場合でも、Samsung Galaxy A21はオススメできます。
しかもSamsung Galaxy A21は、「ストラップの装着が可能」となっているモデルです。ガラケーではおなじみのストラップ装着なのですが、スマートフォンの場合は軽量化やコンパクト化を突き詰めているため、実は、余計なオプションを装着できないモデルは少なくありません。
そのため、Samsung Galaxy A21は使いやすさ、落としてしまうリスクがストラップ装着のため軽減できる・・・などの理由で、世界中で売れ続けているモデルとなりました。
ちなみに、Samsung Galaxy A21のような6インチ未満の画面サイズでも、Samsung Galaxy A21はノッチが工夫されているため、画面サイズが小さいと感じるケースはほかのスマートフォンに比べて小さいです。実際に、最新のスマートフォンほど6インチ前後のスマートフォンが増えていて、その理由はノッチの工夫を怠っていないメーカーが多いからです。
Samsung Galaxy A21の詳細スペックですが、「ディスプレイが約5.8インチ、ディスプレイにHD+/TFTを採用」しているため、Samsungのgalaxyシリーズの中でもスペックが大きく劣るわけではありません。コストパフォーマンスが高いスマートフォンとしてもランキングサイトで紹介されるほどなので、コストパフォーマンスや知名度、実績も加味してスマートフォンを購入したい人にも、Samsung Galaxy A21はオススメできます。
そのほかのスペックですが、「アウトカメラは約1,300万画素、インカメラは約500万画素、サイズは約150mm×約71mm×約8.4mm、重量は約159g」となっておりますので、カメラなどオプションの機能が弱いスマートフォンではありません。
これからはじめてスマートフォンを持つ人の場合、Samsung Galaxy A21はちょうど良いサイズ、スペック、機能であるといえます。”

女性も格安スマホを持つ時代

“海外では珍しくないのですが、国内ではブランドイメージでスマートフォンを選ぶ人が多く、これは女性によくみられる傾向とされていました。
しかし今では、女性でも格安スマホでありSIMフリースマホを選択する人が増えてきました。その理由ですが、前述の海外を意識してSIMフリースマホを選択する人が増えたからです。
どういうことか・・・というと、海外ではほとんどの人がSIMフリースマホなど格安スマホをもっていて、その理由は「安いから」です。日本国内では、今でもミドルレンジモデルが5万円台というふうに、ハッキリ言って「お高いスマートフォンが多い」現実があります。
しかし今では、中華スマホなどSIMフリースマホが当然のように国内でも販売されるようになりました。そのため、スペックを誇るスマートフォンでも安いのが当たり前の時代が来ているのです。そのため、SIMフリースマホのイメージについてもよくなり、海外同様で国内の女性もSIMフリースマホを持つようになりました。
SIMフリースマホの補足となりますが、SIMフリースマホは大手キャリアよりは確実に安いスマートフォンが多いです。本体価格は3万円を切るスマートフォンが多く、プラン料金についても月額2,000円を超えるケースは少なくなってきました。
では、キャリアスマホはどうなのか・・・というと、大体ですが本体価格が5~10万円、プラン料金についても2,000~5,000円のものが多いという状況です。
つまり、SIMフリースマホを選択するだけで、スマートフォンにかかる料金が半額になる可能性があるため、SIMフリースマホは格安と呼ばれています。
そんなSIMフリースマホですが、メリットだけでなくデメリットもあるので注意してください。たとえば、SIMフリースマホは初期設定を自分でこなさないといけないので、今までスマートフォンを持ったことがない人に対してオススメできません。
初期設定をこなさないと「インターネット接続できない」ことを忘れないようにしてください。今では、どのようなコンテンツでもインターネット接続ありきで成立している・・・、つまり、初期設定を行えない人がSIMフリースマホをもっても、トラブルのもとになりかねないのです。”Galaxy M23 5G (SIMフリー)

5G対応スマホの「HONOR X30」とは?

“5Gではタイムラグを起こすことなくリアルタイムのコミュニケーションが可能になりますので、オンライン会議やリモートワークだけではなく自動運転や遠隔医療などでも活躍しています。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「HONOR X30」という5Gスマホがあり、カメラの撮影が苦手な人でも幅広いシーンで簡単にキレイな写真が撮れる高性能カメラや迫力と没入感のあるゲームが楽しめる高精細大型ディスプレイ、一日しっかり使える大容量バッテリーや負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM6GB/128GBモデルが約27000円でRAM8GB/128GBモデルが約31000円でRAM8GB/256GBモデルが約36000円でRAM12GB/256GBモデルが約42000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約166ミリ、厚さ約8ミリ、重さ約189gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはシルバー、ゴールド、ブルー、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2388×1080でアスペクト比19.9:9の約6.8インチTFT液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは66Wの急速充電に対応している4800mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 695 5G SM6375 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Magic UI 5.0)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

動画のQRコードの作成方法を徹底レクチャー

“友人や家族の誕生日などに手紙やカードに動画をつけたいという人もいるでしょう。ここでは手紙やカードにも貼ることができる、動画のQRコードの作成方法をまとめてみます。ぜひ動画のQRコードを作成してみましょう。
【動画付きの手紙やメッセージカードを作れる】
テキストや写真のデータ、動画などを手紙などの紙媒体に添付したい時には、データをQRコードに紐づけて貼りづけるだけでOK。簡単に動画付きの手紙、メッセージにすることができますよ。送られた相手はQRコードを読み込むことで、誰でも簡単にアクセスして動画を閲覧することができるのです。このQRコードは動画だけではなく、テキスト、写真など何でも作成でき、利用料も無料になっています。
【動画のQRコードを作成する方法とは?】
動画のQRコードを作成するにはまずは動画のURLを作る必要があります。
作業としては「動画のURLを作成する」→「そのURLをQRコードに変換する」という流れです。
それぞれやり方をまとめてみましょう。
<1、動画のURLを作成する>
動画のURLの作成方法はいくつかあります。
・iCloudを使ったやり方(iCloud共有リンクを作る)
iPhoneなどのApple製品をお使い方の方のやり方です。
1、[写真]アプリを起動して、共有アルバムを作成する
2、作成した共有アルバムに動画を追加する
3、[メンバー]のタブを選んで、[公開webサイト]を[オン]にする
4、表示されたURLをコピーする
・Googleフォト共有リンクを使ったやり方
AndroidなどApple製品以外を使用している方はGoogleフォトを使って共有リンクのURLを作成しましょう。
1、Googleフォトを起動して、動画を選択
2、[共有]タブを選択して、[リンクを作成]をタップする
3、作成されたURLをコピーする
・YouTubeを使ったやり方
YouTubeでも共有リンクのURLを取得できます。
1、YouTubeを起動して、動画をアップロードする
2、読み込みが完了したら[公開]をクリックする
3、[共有]タグを選び、URLをコピーする
<2、動画のURLをQRコードに変換>
動画のURLを作ったら、QRコードに変換しましょう。QRコードへの変換方法もいくつかあります。
1、QRコードに変換できるアプリを開く
2、コピーしたURLを貼り付けるのみ”

5G対応スマホの「vivo Y55s」とは?

“そういえば、Galaxy S22 が明日発売します。私の住む赤羽の有名人みちょぱに関連しS22の記事がありましので紹介します。

https://www.galaxymobile.jp/explore/hint/galaxy-s22-sweet/

で、本題に戻りますが、スマートフォンを使用している人の多くは4Gスマホをまだ使用していますが、最近は高速大容量通信が特徴な5Gスマホを使い始める人が増えています。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々な機種が多くの国で発売されていますが、その中の一つに「vivo Y55s」という5Gスマホがあり、省電力モードを有効にすれば2~3日は問題なく使える大容量バッテリーや構図をベストな状態に自動補正してくれる高性能カメラ、高リフレッシュレートもカバーする大きく見やすい高精細大型ディスプレイや負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約31000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約9.1ミリ、重さ約199gといった持ち歩きやすくて握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、ピンク、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2408×1080の約6.58インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している6000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 700 MT6833 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+F値2.4の明るいレンズと深度レンズがついた約約200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、パノラマモード、電子式手ぶれ補正、HDR、ハイブリッド光学ズーム、ビューティーモード、プロフェッショナルモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(OriginOS 1.0)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”Samsung Galaxy S22

HISが提供する格安SIM「HISモバイル」とは?

“格安SIM会社はたくさんあるけれど、大手旅行会社のHISでもSIMカードを販売しています。HISモバイルはデータ量によっては業界最安値と言われていて、安さが魅力です。ここではHISモバイルの格安SIMについてまとめてみましょう。
【大手格安SIM事業者に対抗するHISモバイル】
大手旅行会社であるHISグループのHISモバイルは、大手格安SIM事業者に対抗して格安SIMの中でも格安プランを打ち出しています。さらに旅行会社ならではの海外利用のSIMも取り扱いしており、豊富なプラン展開と低価格が魅力です。
HISモバイルは旅行会社のHISと老舗格安SIM事業者の日本通信が共同で立ち上げた格安SIMサービスであり、最安値クラスの料金プランの他、20GBの大容量プランなども提供しています。さらにポケットWi-Fiサービスなども手掛けているのが特徴です。
【HISモバイルのメリット】
HISモバイルのメリットをまとめてみましょう。
<格安SIMの中でもリーズナブルな料金設計>
格安SIMはリーズナブルな料金設計が魅力ですが、HISモバイルは格安SIMの中でも屈指の安さを誇っています。1GB/3GBの料金は業界最安値を公言しています。安い格安SIMをお探しの方にはぴったりと言えるでしょう。
<料金プランが豊富にある>
HISモバイルでは、海外用のSIMや低・中容量の価格重視プラン、無料通話の付いた大容量20GBプラン、電話かけ放題プランなど料金プランが豊富にあります。多くのユーザーニーズをカバーできるので、利用しやすいでしょう。
【HISモバイルのデメリット】
HISモバイルにはメリットがある反面、デメリットもあります。次にデメリットについてまとめてみましょう。
<通信速度・品質にやや不安あり>
HISモバイルは昼の混雑時間帯には速度が低下することがあり、通信速度や品質にやや不安があります。速度は多少遅くなっても料金を安くしたいという人にはよいですが、通信速度が速い方がよい方やスマホヘビーユーザーにはあまり向いていないでしょう。
<データの繰り越しやシェアなどは対応不可>
HISモバイルでは余ったデータの繰り越しや家族間でのシェアはできません。プラン料金自体が安いので仕方ありませんが、使いすぎたり使わなかったりした場合もその月限りになってしまうので、柔軟性は期待できないでしょう。
<端末ラインナップが少ない>
HISモバイルは端末のラインナップは少ないです。またオンラインショップの購入画面が見づらいというデメリットもあります。”

動画編集アプリ「iMovie」のよく使われる機能って?

“iPhoneに搭載されている動画編集アプリ「iMovie」はたくさんの機能が搭載されています。ここでは、簡単な操作でハイクオリティな動画編集ができるiMovieのよく使う機能についてまとめてみましょう。
【iMovieの機能】
iMovieにはたくさんの機能が搭載されています。ここではよく使われている機能についてまとめてみましょう。
<動画のトリミング・カット>
取り込んだ動画、iMovieで撮影した動画の無駄な部分の削除や分割が可能です。また切り抜いた動画同士をつなぎ合わせることもできます。
<テキスト挿入>
動画上に好きな文字(テキスト)を表示させることができます。フォント、色を選んで、サイズを調整するだけOK。それを写真やビデオの画面上の好きな場所に配置するだけで簡単にテキストを挿入できます。文字色、グラデーション、パターンは選択でき、表示時間の調整も可能です。
<音楽の挿入>
iMovieのオーディオ内には
・BGMが内蔵されている「サウンドトラック」
・音楽素材「サウンドエフェクト」
・端末に保存されているBGMなどの音楽「マイミュージック」
があります。
iMovieに内臓されている音楽に関しては著作権フリーなので、SNSでも共有可能です。簡単な操作で音楽の長さを映像の長さに合わせて調整できます。
<エフェクト追加>
切り抜いた動画(クリップ)同士をつなぎ合わせるために挟むエフェクトを「トランジョン」と言いますが、iMovieではこのトランジョンを追加することができます。クリップ間をつなぎ合わせたり、スムーズにしたりすることができるでしょう。さらにフェードアウト、フェードインさせたり、クリップを他のクリップに融合させたりと、豊富な機能が備わっています。別のクリップ内にズームインさせたりする機能もありますよ。自動的にトランジョンを追加するように設定することはもちろん、手動での追加もOKです。
<フィルタの適用>
iMovieでは10種類のフィルタが内蔵されているので、動画のイメージに合ったものをチョイスできます。映画スタイル、西部劇風ルック、スタイリッシュなトーンなどフィルタを適用することで雰囲気のある動画を作成できるでしょう。フィルタの適用はとっても簡単で、それぞれのトリミングした動画にかけるのはもちろん、動画全体に一気にフィルタ適用も可能です。
<動画の保存>
編集した動画は保存することができます。また動画の一部を画像として保存することができるのも嬉しい機能の1つ。動画を保存する際には、動画の品質、解像度、圧縮なども細かく設定できるので、用途に合わせて保存方法を選べます。さらに音楽のみ保存、ビデオのみ保存などの選択も可能です。
<編集した動画を共有>
iMovieで編集した動画をSNSなどで共有することもできます。保存した動画を友人や家族に送付するのはもちろんですが、YouTubeやTwitterなどのSNSでの共有もスムーズです。動画を保存した際に、投稿したいSNSサイトを選ぶことができるので、簡単に共有できますよ。”

インスタグラムがもっと使いやすくなるとっておきの裏ワザをご紹介!

“インスタグラムユーザーは非常に多く、今や誰もが知るSNSと言えるでしょう。ここではインスタグラムを便利に使いこなす、とっておきの裏技をいくつかご紹介しましょう。
【自分が「いいね!」を押した投稿のみを閲覧できる裏ワザ】
インスタグラムでフォローしているユーザーが多いと、タイムラインは常に最新のものがトップに上がってくるため、自分が見ていない情報が下に流れてしまうでしょう。気に入った投稿を見つけて「いいね!」を押したとしても、もう1度確認するのが大変…という経験はありませんか?
そんな時には自分が「いいね!」を押した相手の投稿のみを抽出して閲覧する裏ワザを使うとよいでしょう。やり方は以下の通りです。
1、インスタグラムにログインして、トップ画面を表示する
2、画面右上にある「歯車アイコン」をタップする
3、「オプション」という画面に切り替わったら下の方にある[「いいね!」した投稿]を選択する
これだけで、自分が「いいね!」をした投稿だけが表示されるため、いちいちタイムラインから探す必要がなくなります。
【ハートマークのアイコン以外で「いいね!」を押す裏ワザ】
タイムラインの投稿に「いいね!」を押す場合、ほとんどの人は投稿の左側にある「ハートマーク」のアイコンをタップします。しかし、片手でスマホを操作している場合、左側のハートマークのアイコンを押すのが大変…という人もいるでしょう。
そんな時には別の方法で「いいね!」を押しましょう。方法は以下の通りです。
1、「いいね!」をしたいタイムラインの投稿画面を表示する
2、その写真をダブルタップする
3、写真の中央に「ハートマーク」が表示される
ダブルタップするだけで、その投稿に「いいね!」を付けることができるんです。この方法はハートマークで「いいね!」を押すよりも手軽なのでぜひとも覚えておきたい裏ワザですね。
【ブロックせずに相手のフォローを解除する裏ワザ】
フォロワーの中には、ちょっと嫌な相手がいる場合がありますよね。相手をフォローから外したいけれど、相手をブロックするのは気まずい‥という場合には、ブロックをしないで相手のフォローを解除できる裏ワザを覚えておくと便利ですよ。やり方は以下の通りです。
1、自分のアカウントページを開いて「フォロワー」の項目に移動する
2、フォローを解除したいアカウントの右側にある「…」をタップする
3、「〇〇さんをフォロワーから削除しますか?」という案内が表示されたら「削除する」を選択する
相手のフォローを削除してもこちら側が相手にしているフォローは自動的には削除されないので気づかれにくいでしょう。
【公開しなくてもエフェクトだけ掛けられる裏ワザ】
インスタグラムには写真加工機能が備わっているのは有名ですね。気軽に写真の編集作業ができるので、投稿する写真の加工をする人は多いでしょう。実は、この写真のエフェクトに関しては、投稿する写真だけではなく、エフェクトだけをかけたいという場合でも利用できるんです。やり方は以下の通りです。
<iPhoneの場合>
1、「設定」から[機内モード]をオンにする
2、通信が遮断された状態にして、写真にエフェクトをかけてアップロードする
3、通信ができない状態なので「アップロードができませんでした」と表示されたら「×」ボタンをタップして削除する
4、カメラロールにはエフェクトした写真が追加されている
<Androidの場合>
1、エフェクトやタグ付けを行うページまで移動する
2、[戻る]アイコンをタップし[破棄]を選択する
3、フォトギャラリーにエフェクト前とエフェクト後の両方の写真が保存される