スマホカメラに便利なアイテム「シャッターリモコン」とは?

“友人や家族など複数人でスマホのカメラで撮影する機会は多いでしょう。スマホのカメラで撮影する時に便利なアイテムとして人気を集めているのが「シャッターリモコン」です。このシャッターリモコンはスマホから離れた場所でもシャッターを切って撮影することができるので、自撮り棒や三脚を使って撮影する時に大活躍します。またシャッターリモコンを使えば、セルフタイマー機能をわざわざ設定する必要もないのでとっても便利です。ここではスマホカメラで使いたいシャッターリモコンについてまとめてみましょう。
【シャッターリモコンとは?】
シャッターリモコンはスマホに直接触れなくてもシャッター操作ができるリモコンのこと。シャッターリモコンはセルフタイマー機能とは異なり、自分の好きなタイミングでシャッターを切れるので満足いく撮影が撮りやすいでしょう。三脚を使った集合写真や自撮り棒を使った撮影におすすめです。
【シャッターリモコンのメリットとは?】
シャッターリモコンのメリットは以下の通りです。
・自分の好きなタイミングで撮影できる
セルフタイマー機能とは違い、自分の好きなタイミングでシャッターを切れます。
・楽な姿勢でシャッターが切れる
スマホで集合写真を撮影する場合、シャッターボタンを押す人は無理な態勢で撮影をしなければいけない機会も多いでしょう。しかしシャッターリモコンを使えば楽な姿勢で撮影が可能になります。難しい自撮りでも簡単に撮影できますよ。
・手ブレ防止に役立つ
シャッターリモコンがあればスマホに直接触れる必要がないため、スマホを安定させた状態でシャッターを切ることができます。特に夜景の撮影などは手ブレの影響を受けやすいので、シャッターリモコンがあれば手ブレしにくく、綺麗な写真を撮ることができるでしょう。
【スマホ用のシャッターリモコンの選び方】
ではスマホ用のシャッターリモコンはどのようなものがよいのでしょうか?ここでは選び方を分かりやすく解説していきます。
<接続方式で選ぶ>
スマホ用シャッターリモコンにはいくつかの接続方式のものがあります。それぞれ特徴をまとめてみましょう。
・無線(ワイヤレス)方式
シャッターリモコンの多くは、ケーブルを利用せずに使用できる無線方式を採用しています。基本的にBluetoothで接続するものが多いでしょう。無線方式ではケーブルがないので、使い勝手がよく、写真にケーブルが映りこむ心配もありません。自由に撮影ができ持ち運びもしやすいので、外出先にも向いています。ただ無線方式は有線方式に比べると接続が不安定です。
・有線方式
有線方式ではスマホのイヤホンジャックにケーブルを差し込んで、スマホに直接つなぐタイプです。スマホとケーブルがあればすぐに使えるので、面倒な設定は一切なし。初心者でも簡単に使用できるでしょう。無線方式とは違って安定した接続ができるのもメリットで、通信環境に左右されることはありません。また充電や電池交換なども必要なし。ただケーブルの長さが届く範囲でしか撮影できない、写真にケーブルが映りこむ可能性があるなどのデメリットもあります。
<持ち運びのしやすさで選ぶ>
スマホ用のシャッターリモコンはお出かけなどの外出先や旅行先に持ち歩くことが多いです。そのため持ち運びがしやすいかどうか?は重要なポイントとなるでしょう。シャッターリモコンにはポケットに入るようなコンパクトサイズのものから、軽量タイプのものまで種類も豊富です。ただコンパクトすぎると、カバンの中で行方不明になってしまうことも…。ストラップなどが付属しているシャッターリモコンであれば、紛失リスクを減らせるでしょう。
<機能面で選ぶ>
シャッターリモコンは基本的にはシャッターボタンのみのシンプルな機能なものが多いです。ただ商品によってはシャッターを切る以外の機能を備えているものもあります。それらのシャッターリモコンは「マルチメディアリモコン」と言われています。マルチメディアリモコンでは、音楽プレーヤーの操作をしたり、動画を再生したり、着信対応などが対応可能です。中には車や自転車などに装着できるものもあり、シャッターリモコンとしてだけではなく、様々なシーンで活躍するでしょう。
さらに背面カメラへの切り替えや、カメラのズームイン、ズームアウトなどをシャッターリモコンで操作できるものもあります。シャッターリモコンを選ぶ際には機能面もしっかりと比較しておきたいですね。”"ドコモスマホ一覧
auスマホ一覧

Leave a reply

Required

Required, hidden

XHTML Tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Trackback this post  |  Subscribe to the comments